rainy season’s diary

梅雨の憂鬱

68

お金のことが不安でどうしようもなくなってる。貯金おろす度に具合悪くなる。こればかりは多分誰も助けてくれないので本当に苦しい。 週一のバイト決まったんだしそこは楽なんだし落ち着け自分。一個決まっただけでその分良くなったではないか。面接にも行っ…

62

中学の時、電話で悩みを聞いてもらってた人にはじめて会った。 その時は神様の様に見えたけど、今では違う。何かがとてつもなく違った。子どものことほったらかしてそんなことするなんて…ってわかりきったこと言われた。でもそれを受け入れようとしてる。仕…

527

今まで梅雨はぼんやりしていてうつになっているのだと思っていた。 でもそうじゃない、離人感がとれてうつになっているんじゃないだろうか。 そもそも、自分を否定していることをヴェールを身に纏い傷ついた心を包んでいるからそれがとれれば否定する。 そし…

526

楽しいのも、幸せだって思うのもつかの間で、結局はひとりぼっちだ。 そう、ひとりぼっちってことを忘れてた。いい意味で言ってる。でもそれが我慢ならないほどつらくて悲しい。 誰もかれもが他人で、ほんとうに自分のことを思ってくれる人はいない。自分し…

524

今日は家のことをすまし、気持ちよく朝から買い物に行った。 選んでいる時は楽しかったし、前日の夜にいくらくらいまでにしようと決めてその範囲で買い物をしたにもかかわらず、何故だかすごく自己嫌悪に陥ってしまった。ごめんなさいという気持ちでいっぱい…

523

今年も梅雨の時期がやってきた。 何もかも否定的に捉えてしまうことを自分でも客観視している。 今年の梅雨の目標は「徹底的に無理をしない」にしようと思う。 誰が何をしていようと、言おうと、わたしを生きているのはわたししかいないのだから。約束に行け…